時計好きはスピードマスターを必ず持っているべき

時計好きはスピードマスターを必ず持っているべき

オメガ スピードマスターは、間違いなくオメガの最も象徴的なモデルの一つであり、長く輝かしい功績の歴史を持つモデルです。 月で着用された最初で唯一の時計である「オメガ スピードマスター プロフェッショナル クロノグラフ」は、その紛れもない性能により、宇宙開発の歴史に「ムーンウォッチ」としてその名を刻んでいます。

オメガ スピードマスター ムーンフェイズ クロノメーター
型番:304.33.44.52.03.001
ムーブメント:オートマチックメカニカル
ケース素材:ステンレススチール
ストラップ素材:レザー
ケース径:44.25mm
44.25mmのこのモデルは、サンレイ仕上げのブルーダイアルにロジウムメッキのインデックスを備えています。 スチール製ケースには、リキッドメタル®製タキメータースケールを備えたブルーセラミック製ベゼル、ブラッシュ仕上げとポリッシュ仕上げのフォールディングクラスプ付きブルーレザーストラップが付属しています。 ムーンフェイズディスプレイは、NASAが撮影した高精細な画像をもとに、独自の微細構造プロセスにより実際の月面を金属製のクリスタルディスク上に再現し、月面を再現しています。 月の円盤をよく見ると、宇宙飛行士が残した足跡も見えます。 従来の常識とは異なり、月相の周期は30日ではなく、29.5日です。 これは、標準的な歯車列にとって難しい長さですが、オメガ ムーンフェイズはこれを見事に達成し、調整が必要となるまでに10年間作動し、リューズを数回回すだけで非常に簡単に操作することができます。

3時位置に60分と12時間のクロノグラフのサブダイヤル、9時位置に日付とスモールセコンド、6時位置に魅力的なムーンフェイズ表示を備えています。 針とインデックスにはスーパールミノバを塗布し、暗闇でも読み取りやすくしています。 この時計は、最大15,000ガウスの強磁場に耐え、60時間のパワーリザーブを持つ、オメガ コーアクシャル・クロノメーター・キャリバー9904を搭載しています。 ブルーの文字盤のほか、サンレイポリッシュ仕上げのブラック、ブラウン、グレー、オパリンシルバーの文字盤も用意されています。 セラミックベゼルには、ブラック、ブラウン、ブルー、グリーンの魅力的な色も用意されています。 ケースはスティール、18Kイエローゴールド、18Kセドナ®ゴールドから選択でき、文字盤の左右に等間隔で配置された2つのサブダイヤルとダブルハンドにより、視覚的にシンメトリーなデザインとなっています。

オメガ スピードマスター “ダークサイド オブ ザ ムーン”
型番: 311.92.44.51.01.007
ムーブメント:機械式自動巻き
ケース素材:ブラックセラミック
ストラップ素材:コーティングされたナイロン生地
ケース径:44.25mm
44.25mmのケースはブラックジルコニアセラミックの一体型で、マットな窒化クロム製のタキメータースケールを備えたサテン仕上げのセラミックベゼルがそれを引き立たせています。 同様に、文字盤はポリッシュ仕上げのブラックセラミック製で、3時位置のクロノグラフ分針、時針、9時位置のスモールセコンドはブラック仕上げのインナーリングを備え、18Kゴールド製のアワーマーカーで明瞭に読み取れるようになっています。 自動巻きコーアクシャル・キャリバーOMEGA 9300は、約60時間のパワーリザーブを備えています。 ダークサイド オブ ザ ムーン」は、オールブラックのほか、インクブラック、ブラックゴールド、ダークナイトブラック、ヴィンテージブラックの4色が用意されています。

オメガ スピードマスター プロフェッショナル ムーンウォッチ
型番: 311.30.42.30.01.005
ムーブメント: 手作業による機械式
ケース素材:スチール
ストラップ素材:ステンレススチール
ケース径:42mm
コメント:オメガのスピードマスター・コレクションの中で最も象徴的なモデルであり、人類による6回の月面探査のすべてに参加したクロノグラフシリーズです。 この42mmのクロノグラフは、ブラックの文字盤にタキメーター・スケールの付いたブラックのベゼルを備えています。 アワーマーカーと中央の時針・分針にはスーパールミノバが塗布されています。 カーボンファイバークリスタルで保護された文字盤には、30分積算計、12時間積算計、スモールセコンドダイヤルを備えています。 月に行ったこともある伝説の手巻きムーブメント、オメガ・キャリバー1861を搭載し、48時間のパワーリザーブを備えています。 この時計は、特別な月面時計ケースに、「NATO」NATO軍用ナイロンストラップ、宇宙飛行士用ストラップ、ストラップ交換キット、オメガ スピードマスターの冒険を紹介するブックレットが付属しています。

結論:最も伝説的な時計コレクションの一つであるオメガ スピードマスターは、人類が宇宙を探検した記憶を持ち、その疑う余地のない性能は、オメガの先駆的な時計製造技術に裏打ちされています。 スピードマスターを所有すれば、そのストーリーはあなたにとって大きな違いとなるはずです。

バタフライクラスプを採用した、エレガントでスタイリッシュな3つの時計。

バタフライクラスプを採用した、エレガントでスタイリッシュな3つの時計。

時計を紛失する大きなリスクのひとつが留め具の種類であることから、実はストラップは時計を安全に使うために非常に重要なのです。 特に直径や厚みのある時計に適したバタフライクラスプを採用し、安全性を高めるプッシュボタン式ロックも装備しています。 バタフライクラスプを採用した腕時計を3つご紹介します

ロンジン・エレガンス L4.774.4.96.6
ウォッチコレクション:エレガンス
直径:36mm
ムーブメント:オートマチックメカニカル
ケース素材:ステンレススチール
防水性能:30メートル
コメント:直径36mmのケースは、腕に着けると小さくエレガントで、スタイリッシュで高貴なイメージを損なわないメンズウォッチ「ロンジン エレガンス」です。 サファイアクリスタル越しに見えるブルーのラウンドダイアルは、3時位置のカレンダー窓、アラビア数字とバーマーカーによる整然とした目盛りが際立っており、正確で信頼性の高い配置を実現しています。 シルバーのスチールストラップとバタフライクラスプで仕上げられ、この男の穏やかで風通しの良い雰囲気を際立たせています。 キャリバー2892A2を搭載し、自動巻きで30m防水を実現しています。

アーネスト・ボレル ロイヤルコレクション GBR6155-2599
ウォッチコレクション:ロイヤル
直径:40.5mm
ケース厚:8.2mm
ムーブメント:オートマチックメカニカル
ケース素材:ステンレススチール(金メッキ)、ローズゴールドメッキ
防水性能:30メートル
コメント:このアーネスト・ボレル・ロイヤルコレクションウォッチは、職人が精巧に磨き上げ、ロジウムメッキを施した40.5mmステンレス鋼と金メッキの時計です。 サファイアクリスタル越しに見えるシルバーのラウンドダイヤルには10個の天然ダイヤモンドがセットされ、3時位置にカレンダー窓が表示されます。ステンレススチールとゴールドプレートのストラップとバタフライクラスプは、3色のゴールドが交錯するクラシックでスタイリッシュなコンビネーションです。 スイス製キャリバーSW300(自動巻き、毎時28,800振動)を搭載し、その美しさはシースルーケースバックからはっきりと確認することができます。

カルティエ ブルーバルーン W69011Z4
ウォッチコレクション:ブルーバルーン
直径:36.6mm
ケース厚:12.05mm
ムーブメント:クオーツ
ケース素材:ステンレススチール
防水性能:30メートル
コメント:カルティエ ブルーバルーンコレクションは、バタフライクラスプのモデルが主流です。このカルティエ レディスウォッチも同様で、直径36mmのコンベックスカーブケースが、エレガントなスタイルと繊細なトーンを持っています。 ローマ数字は、深いセピア色のリューズによって軌道を誘導され、サファイアクリスタル下のシルバープレート・ギョーシェ文字盤の剣型針と、カボション付き合成スピネルをセッティングしたフルートリューズは、ポリッシュ仕上げのリンクブレスレットと蝶の留め金で引き立てられています。 精度と信頼性の高いCal.690クオーツムーブメントを搭載しています。

結論:バタフライクラスプは装着が面倒だという人もいますが、実は習熟すれば装着はとても簡単で、複雑な手順はなく、時計を装着して左右の真ん中に留めればいいのです。 バタフライクラスプにはさまざまな種類がありますが、一般的には、力を加えて引っ張ることで開くタイプと、両側のボタンを押すことで解除されるタイプがあります。 ですから、クラスプはスチール製で、通常の引っ張り力に耐えられるので、破損の心配はありません。

トップ・フォーマル・ウオッチ まともな選択肢は何か。

トップ・フォーマル・ウオッチ まともな選択肢は何か。

だから、この段階では、自分よりお金も時計も持っている人たちに時計を勧めるのはちょっと不安だったのですが、たくさんの時計を見て触っているうちに、ちょっとだけ勇気が湧いてきました。 今、時計を買う人の多くがそうだと思いますが、フォーマルな時計はちょっと真面目で重厚な感じがするのか、昔ほど人気がなく、スポーティなモデルが人気です。 しかし、フォーマルウォッチには、スポーツウォッチには決して代えがたい、その几帳面さとエレガンスという魅力があるのです。

パテックフィリップ クラシック 5296G-010
直径:38mm
厚み:未定
ムーブメント:オートマチックメカニカル
ケース素材:18Kホワイトゴールド
防水性能:30メートル
5296は、パテックフィリップ・カラトラバ・コレクションの中でも非常にエントリーなフォーマルウォッチで、5196と比べると少しモダンな印象です。 5296には2つのバージョンがあり、こちらは白文字盤の最もミニマルなバージョンと、もう少し若々しいオービタルホイールの文字盤のバージョンです。 この5296は、精巧に仕上げられたケースに、ホワイトゴールドにセットされたタフィー針とインデックスを持つ大型3針モデルで、この多面的なバーテックスケールは、当たり障りのないバトンタイプよりもずっと可愛く見えます。 パテックフィリップが最も多く採用している大型3針自動巻きムーブメント「パテックフィリップ324 S C」を搭載しており、その動きの細かさは他を圧倒しています。38mmでほとんどの人に合う5296は、人気モデルですがまだ品切れになっておらず、市場で見つけることができます。

ヴァシュロン・コンスタンタン ヘリテージ 85180/000G-9230
直径:40mm
厚さ:8.53mm
ムーブメント:オートマチックメカニカル
ケース素材:18Kホワイトゴールド
防水性能:30メートル
時計レビュー:パテックフィリップ5296に比べ、ヴァシュロン・コンスタンタン85180は、よりシンプルでスリムな文字盤で、几帳面で目の肥えた男性や、より「じっくりとした」感じを好むサウザーに適した大型3針フォーマル時計としても大変人気があります。 ヴァシュロン・コンスタンタンは世界有数の時計ブランドでもあり、もちろんこのモデルも非常によくできていて、同じ18Kホワイトゴールドのケースに、自動巻きムーブメントCal.2450SCを内蔵し、大きなKゴールドのローターには表面にギロシェ彫りが施されていて、実に美しい。 そして、完全にフラットな背面はとても規則的です。

ブレゲ クラシック 5177BB/29/9v6
直径:38mm
時計の厚さ:8.8mm
ムーブメント:オートマチックメカニカル
ケース素材:18Kホワイトゴールド
防水性能:30メートル
時計レビュー:本当に最高級のフォーマルウォッチが欲しいなら、ブレゲ5177に気づくべきだった。 最初は、主流ブランドのケースや文字盤と違いすぎて、ブレゲを全く評価できなかったが、今は評価できる。 ブレゲの文字とそれを埋める欧文筆記体の優しい気品がとても魅力的で、ブルースチールのブレゲ針も絶妙で、シンプルさの中にどこか異彩を放つデザイン美を感じます。 暗号のようなサイン、波模様のケースバックの仕上げ、コイン模様のミドルケースなど、ブレゲらしさが際立っていて素晴らしいです。

要約すると:20万の予算で、我々は正式な時計の非常に広い選択肢を持つことができ、ロレックス大きな金の時計に直接もう少し壮大な、控えめで微妙になりたい、その後、これらの3つはあなたが望むものを持つべきである、実際には、あなたがもう少し予算を追加した場合、私は間違いなく夢のフォーマルウォッチです5227、お勧めする傾向があるかもしれません。

ラグジュアリーなコ・ブランディングは、ラストではありません。 よりニッチな層に向けて作られているのです。

ラグジュアリーなコ・ブランディングは、ラストではありません。 よりニッチな層に向けて作られているのです。

高級品同士のコ・ブランディングというと、ブランド独自の誇大広告だと思われる方も多いのではないでしょうか。 しかし、私は常々、共同ブランドのアイテムは、そのブランドの自社製品をより洗練された形でアウトプットした、よりニッチな商品でもあると考えています。 例えば、昨年のLVと藤原ヒロシの共同ブランドや、今年のSupremeとの共同ブランドは、トレンドブランドとラグジュアリーグッズの両方を経験し、消費力のある人たちにとてもアピールできるものだと思います。 学生時代に藤原のジーンズやシュプリームのスウェットを愛用していた80年代、90年代以降の人たちの中には、社会人になってからハイエンドのラグジュアリーにこだわるようになった人もいるが、まさにその人たちが好きなものである。

これは、腕時計の場合、あまりないことです。 やはり、国境を越えた付き合いが必要なことが多く、お互いのマッチングが難しくなっています。 一般的なのは時計と車ですが、車のごく一部や素材、外観を時計に取り入れるというのは、ちょっと面白みに欠ける気がしています。

最近、ブランドとして初めてではなく、なかなか相性のいい腕時計のセットが共同ブランド化されました。 グラスヒュッテ・オリジナルは、再びマイセンとコラボレーションし、紫禁城の皇居前にある「九龍壁」からインスピレーションを得て、マイセンの磁器を文字盤に使用した「ドラゴンウォール九龍壁セット」を9本限定で発表します。

中国は磁器の本場であり、私たちは常に磁器に愛着を持っています。 記憶に新しいところでは、かつてグラスヒュッテ・オリジナルが2006年にメルセンヌと共同で、ドレスデン建国800年を記念してドレスデンの名所を描いた8本の時計をセットにして製作したことがあります。 メルセンヌ磁器文字盤に加え、ケースには長らく生産中止となっていたファイングレインのクラシックケースを採用し、内部には内外ともに美しい手巻きムーブメントCal.49を搭載しています。

九龍壁セットで使われている龍のモチーフは、九龍壁をイメージしていますが、今流行の中国風のダサい模造品ではありません。 中国の明王はメイソンの初期のモチーフの一つで、メイソンの創始者であるアウグスト2世が好んで用いた磁器のデザインの一つで、自らそのデザインを注文しています。

アウグスト2世は「キング・パワフル」とも呼ばれ、素手で蹄鉄を折ったり、片手で壁を破ったりできると噂されるほど、絶大な力を持つガッチリした人物だったそうで、非常に印象的でした。

そういえば、メイソンの歴史を挿入しておくと、13世紀には早くもヨーロッパ人、特に貴族が中国の磁器を宝物とし、アウグスト2世も中国の磁器の熱心な愛好家であったが、その愛の度合いはどの程度なのだろうか。 歴史的な記録によると、その時点ではまだザクセン選帝侯アウグスト48中国磁器の花瓶と引き換えに騎兵とペルシャ商人のチームを使用していた、磁器のためによく訓練されたエリート騎兵部隊と、非常にクレイジー、右。

偶然にも、彼が統治していたメルセンヌの町では、昔から山から採取した磁器用粘土を「カオリン」と呼んでおり、中国語と全く同じ発音をしていたのだ。 そこでアウグスト2世は、ベツゲという化学者を呼び寄せ、中国の磁器を模したものを作らせた。 何度も試作を重ね、1708年の冬、ベトガーは白くて透明な磁器の焼成に成功した。 その2年後、メルセンヌ国立磁器製作所が設立され、その後しばらくは、ヨーロッパの磁器産業全体がメルセンヌの磁器様式の影響を受けることになったのである。 現在、私たちが目にする2本の青い剣と絡み合うメイソンのロゴは、何世紀にもわたる古典の象徴であり、最高の味を示すメタファーとなっている。

メイソンの明朝体龍の装飾は、中国の器物や織物の文様に由来し、硬筆で輪郭を描き、リス尾筆で線描感覚を補強しています。 火の雲と大胆な白い空間の組み合わせは、東洋に似ていながら異なる特殊な美学をもたらす。

九龍壁」6点セット

紫禁城の皇居前にある「九龍壁」は、メイソンの明の龍とは異なり、乾隆時代に作られたもので、明の龍の口がほとんど細長いのに対し、清の龍の体は自然に広がっており、長さと頭の比率は8:1であるという。 “歩く竜”(ウォーキングドラゴンともいう)の特徴を出すために、背景処理では歩く姿勢を見せることが大切です。

秒針がないのは、キャリバーCal.100が秒針の自動ゼロ点調整機構を独自に搭載し、他の主要部品とは別にキャリブレーションを行い、作動させているためです。 時刻を設定するための機構としては、最も安定した最高のものです。

より純粋に/より生き生きと。 小型の3針時計が3本。

より純粋に/より生き生きと。 小型の3針時計が3本。

大きな3針デザインとは異なり、小さな3針ダイヤルはよりピュアで生き生きとした印象を与えます。 秒の文字盤を中央から「切り離す」ことで、従来の時間観から脱却し、新鮮な驚きを与えてくれるのです。 小型の3針時計は、よりミニマルでデザイン性の高いものになる傾向があります。

タグ・ホイヤー カレラ WAS2111.FC6293
直径:39mm
厚み:12.6mm
ムーブメント:オートマチックメカニカル
ケース素材:ステンレススチール
防水性能:100メートル
ウォッチレビュー:晴れやかで爽やかな表情のタグ・ホイヤー。 今年人気のブルーを基調に、ブルーの剣型針、ブルーのアリゲーターストラップ、ブルーのアワーマーカーが、時計のスタイリッシュさを高めています。 シルバーがかったホワイトの文字盤に、39mmのスチール製ケースが映え、素晴らしい美しさを醸し出しています。 特徴的なアラビア数字は、中央の時針・分針と調和するようにデザインされており、直感的に分かりやすい時刻表示を実現しています。 スモールセコンドの下には日付表示を配し、時計の内側にある魅力を表現しています。

モンブランスタークラシック U0107073
直径:40mm
厚さ:8.9mm
ムーブメント:オートマチックメカニカル
ケース素材:ステンレススチール
防水性能:30メートル
コメント:モンブランの時計がもたらすのは、デザインセンスとクオリティの高さです。 ちょうどこの小さな3針デザインの腕時計のように。 完璧な丸みを帯びたスチール製ケースは、ポリッシュ仕上げで魅力的な仕上がりになっています。 ミニマルなマザーオブパールの文字盤には、ブルーのセンター時分針がアワーマーカーを背景に配され、時間表示が明瞭で直感的にわかりやすく、とても便利です。 6時位置のスモールセコンドカウンターにはモンブランのロゴが入り、この時計ならではの魅力を放っています。 ブラックのクロコダイルレザーストラップは、全体的に洗練された雰囲気のある時計に仕上がっています。

NOMOS TANGENTE コレクション 131
直径:35mm
厚み:6.6mm
ムーブメント:手動機械式
ケース素材:ステンレススチール
防水性能:30メートル
コメント:NOMOSの時計は小型の3針が多いのですが、この時計は35mmの繊細でコンパクトなステンレスケースに、ブランドならではの充実した質感を持たせた魅力的な時計に仕上がっています。 12時位置のシンプルなディスク式パワーリザーブインジケーターは、6時位置のスモールセコンドや日付窓と呼応し、独自のデザインレイアウトをさりげなく表現しています。 また、ブラックのホースレザーで仕上げ、全体的にエレガントで個性的な魅力を表現しています。

結論から言うと、スモール3針は事実上「2針」のデザインを進化させたものであり、独立したスモールセコンドカウンターが2針ダイヤルにダイナミズムと躍動感を加えています。 オルタナティヴな感性に純粋に寄り添い、小さな三本針が味を引き立てるのも魅力です。