大きな日付とは。 グラスヒュッテ・オリジナルのラージデイトウォッチ3本。

大きな日付とは。 グラスヒュッテ・オリジナルのラージデイトウォッチ3本。

腕時計のラージデイトとは? ラージデイトとは、日付表示が2列(場合によっては1列の大きなカレンダー数字)になっている時計のことで、日付の数字が十の位と同じ日付円周上にないものを指します。 グラスヒュッテ・オリジナルは、大型カレンダーを搭載した腕時計の世界でも屈指のブランドです

グラスヒュッテ・オリジナル・アート&クラフト・コレクション 1-90-02-42-32-05
時計の直径:40mm
厚さ:12.7mm
ムーブメント:オートマチックメカニカル
ケース素材:ステンレススチール
防水性能:50メートル
コメント:最も基本的な時刻表示機能をオフセンターの時・分・スモールセコンドで行うことで、文字板の厚みを減らし、スリムで美しい外観を実現するとともに、時計のエネルギー効率も高めています。 また、大型のカレンダー窓を備えた日付表示を備え、2桁の黒いアラビア数字が、完璧なホワイトダイヤルに際立っています。

グラスヒュッテ・オリジナル・アート&クラフト・コレクション1-91-02-02-30
時計の直径: 42 mm
時計の厚さ:12.3mm
ムーブメント:オートマチックメカニカル
ケース素材:ステンレススチール
防水性能:50メートル
コメント:グラスヒュッテ・オリジナル・クラシック・オフセンターは、直径42mmのスチール製ケースに、グラスヒュッテのスリークォータープレート、グラスヒュッテのリブ装飾、ねじ込み式テンプ、18本ねじ、ダブルグースネック微調整機構、スケルトンローター、21金のローター、面取りエッジ、光沢スチールといった精巧な装飾のムーブメントは、内部にキャリバー 91-02 を搭載しています。 部品です。

グラスヒュッテ・オリジナル・アート&クラフト・コレクション100-02-22-12-05
直径:42mm
厚み:13.6mm
ムーブメント:オートマチックメカニカル
ケース素材:ステンレススチール
防水性能:50メートル
コメント:直径42mmのスチール製ケースに収められたこの時計は、4時位置の大きなカレンダー窓と8時位置のムーンフェイズ表示が特徴的なだけでなく、12時位置のブランドロゴの下にある赤いドットが、この時計が複雑機能を持つ永久カレンダー時計であることを表しています。

まとめ:本日おすすめするグラスヒュッテ・オリジナルの3つの時計は、いずれも通常のカレンダー表示よりも強い大型カレンダー機能を搭載し、美観的にも表示面でも非常に個性的な時計です。 ドイツ時計を代表するブランドであるグラスヒュッテ・オリジナルは、この機能をより完璧なものにしました。

航海の精神と時計製造の芸術の衝突。 ユリス・ノーティカ グラン・フー・エナメル・トゥールビヨン。

航海の精神と時計製造の芸術の衝突。 ユリス・ノーティカ グラン・フー・エナメル・トゥールビヨン。

1846年の創業以来、ユリス・ナルダンにとって航海は不変のテーマであり、初期の航海用時計を開発し、海事産業の発展を牽引してきました。 トゥールビヨンは、そのユニークな動作モードにより、機械式時計製造の最高レベルの専門技術を表現しています。 ユリス・ノーティック コレクションのグラン・フー エナメル トゥールビヨンは、ユリス・ノーティックの個性である自社製ムーブメント、アバンギャルドなテクノロジー、見事なアートの3本柱を組み合わせ、時計のダイナミックな芸術美を前面に打ち出しています。 (モデル:1283-181/E0)

アバンギャルドな技術の結晶

フライングトゥールビヨンのケージ、脱進機、ネジ、ヒゲゼンマイはすべてユリス・ナルダンの自社製で、非常に高度な技術を要する時計となっています。 この航海用グラン・フー・エナメル・トゥールビヨンは、ヴィンテージ航海用コレクションのデザイン上の特徴をすべて備え、機能性とクラシックなスタイルが融合し、絶妙な装飾効果で力の美しさを引き出しています。

グラン・フー・エナメル文字盤

トゥールビヨン

43mmのステンレススチールケースは、繊細なデザインと実用性を兼ね備えています。まぶしさを抑えたサファイアクリスタルからは、グラン・フーエナメルのホワイトダイヤルの完璧な質感が見えます。この難しい工芸品は、仕上げ率の低さが価値を高め、時代を超えた色合いを保つため、アーティストたちから愛されています。 エレガントなグラン・フー・エナメル文字盤に加え、12時位置の60時間パワーリザーブ表示、文字盤6時位置のフライング・トゥールビヨンなど、「ノーティカル」コレクションの中でも高い認知度を誇る、時計師の絶え間ない技術進歩を象徴する機能が搭載されているのです。 針とローマ数字のデザインが一体となり、エレガンスとヴィンテージが絶妙に響き合っています。

ステンレススチールケース

ねじ込み式リューズ

時計のリューズは歯付きのラバー層で覆われ、巻き上げや計時の感触と快適性を高めています。 リューズの上にはユリス・ナルダンのクラシックなロゴが刻まれ、ねじ込み式リューズにより100m防水が確保されています。

ユリス・ナルダン発祥の地、スイスのル・ロックルで設計・開発された自動巻きの新キャリバーUN-128は、シリコン製脱進機とヒゲゼンマイ、36石、毎時28,800振動、60時間のパワーリザーブを備え、ブランドのムーブメント製造分野における独自の発展を続けることも示しています。 宝石をちりばめたシースルーのケースバックからは、ムーブメントの美しさを存分に堪能することができます。

パワーリザーブインジケーターは、歴史的背景を持つ海洋コレクションの中で常に重要な位置を占めています。 船員や航海士は、海上で船の位置を確認するために精密な航海用計器に頼っているため、計器が常に電源を維持し停止しないようにしなければならず、パワーリザーブインジケーターはそのための良いリマインダーとして役立っているのです。 そのため、60時間のパワーリザーブを持つ「マリーン グラン・フー エナメル トゥールビヨン」は、機械式時計の精度を求めるコレクターにとって垂涎の一品となっているのです。

レザーストラップ

ブラックのアリゲーター・ストラップとフォールディング・クラスプを備えたこの時計は、「ノーティカル・グラン・フー・エナメル・トゥールビヨン」を完成させる技術的・芸術的なコンビネーションでもあるのです。

結論:圧倒的な魅力を放ちながら、時計の中を舞うトゥールビヨンの繊細なメカニズムには抗しがたいものがあります。

あなたが思う時計ブランドのトップ3は?

あなたが思う時計ブランドのトップ3は?

前置きはこのくらいにして、早速本題に入りましょう。 今日は、世界中の時計愛好家の間で合意が得られていないばかりか、私自身もまだ答えを出せていない「物議を醸す」話題をお届けします。 それは、「時計界のトップ3ブランドはどこか?

時計の世界では、昔から「伝統的な時計の三重奏」があることは知っています。 三位一体とは、パテック・フィリップ、ヴァシュロン・コンスタンタン、オーデマ・ピゲの3つのブランドを指します。 長い間、世界中の時計愛好家に認められてきたのです。 しかし、時代は変わり、時計の世界でも会員の「順番」が変わってきている。 覇権を確立」しているブランドもあれば、「権威」を失いつつあるブランドもあります。 少し前に、ある愛好家が「ロレックスが時計界のトップ3ブランドでない理由」という話題を提起したところ、世界中の多くの時計愛好家が意見を述べ、「伝統ある時計界のトロイカ」のブランドに対して疑問を投げかけ、大きな議論を呼び起こしたことがありました。 世界中の多くの愛好家が意見を述べ、「伝統的な時計製造のトロイカ」のブランドに対して疑問を投げかけ、「トロイカ」のメンバーを入れ替えるという案まで出ており、議論は続いている。 以下では、さまざまな立場からの視点と、私の考えを紹介します。 最後に、皆さんの心の中にあるトップ3のブランドを教えてください。

公平を期すため、3ブランドの代表的なゴールドケースのクロノグラフを上から順に、パテック フィリップ 5170 クロノグラフ、ヴァシュロン・コンスタンタン ハーモニー クロノグラフ、オーデマ ピゲ ロイヤルオーク オフショア クロノグラフとしました。

まず、パテック・フィリップ、ヴァシュロン・コンスタンタン、オーデマ・ピゲが、なぜ「伝統ある時計の三羽烏」なのかを紹介したい。

伝統的時計製造の三強」とは、平たく言えば、伝統的時計製造の三大ブランドと理解することができる。 パテック・フィリップ、ヴァシュロン・コンスタンタン、オーデマ・ピゲは、かつて世界の時計愛好家の間で最も知られた3大ブランドであった。 時計界のトップ3として、その「栄冠」の理由は次の通りである。

まず、トロイカのメンバーであるパテックフィリップ、ヴァシュロン・コンスタンタン、オーデマ・ピゲは、時計製造の世界では最も古いブランドである。 パテック・フィリップは1839年、ヴァシュロン・コンスタンタンは1755年、オーデマ・ピゲは1875年に設立されました。 “トロイカ “は、多くの時計ブランドよりも長い歴史を持っています。

第二に、トロイカのメンバーであるパテック・フィリップ、ヴァシュロン・コンスタンタン、オーデマ・ピゲは、創業当時から現在に至るまで、時計(懐中時計、腕時計)を作り続けてきた、途切れのない歴史を持っていることである。 歴史的な理由やブランド売却のために時計製造を中止することなく、期待される水準を維持しているのだ。

第三に、「トロイカ」のメンバーであるパテック・フィリップ、ヴァシュロン・コンスタンタン、オーデマ・ピゲは、「オート・オルロジュリ」の路線を守り、複雑時計やグランド・コンプリケーションを作り続けている。 時計は常に高い水準で、手作業による仕上げと装飾が施されてきました。 トロイカでは以前から外注のムーブメントを使用していましたが、それらはすべてトロイカ独自のスタイルと基準に沿って、磨き上げられ、装飾され、高い品質で修正されています。

パテック・フィリップ、ヴァシュロン・コンスタンタン、オーデマ・ピゲが「伝統的時計製造のトロイカ」として確立したのは、この3つの条件によるものである。 この3つの条件を他の時計ブランドに当てはめても、満たされることはないだろう。 しかし、一部の時計愛好家からは反対の声も上がっており、反論も少なくない。 オーデマ・ピゲはトロイカから脱退するべきだという意見もある。 パテック・フィリップやヴァシュロン・コンスタンタンとは異なり、オーデマ・ピゲは現在、ロイヤルオークとロイヤルオークオフショアが主流となっているからだ。 ロイヤルオークに代表されるオーデマピゲは、むしろウブロに近いという見方もある。 しかし、オーデマ・ピゲの支持者は、ロイヤルオークは他のスポーツウォッチよりも強い魅力を示しており、それゆえオーデマ・ピゲの地位を維持するべきだと主張しているのです。

ロレックスを代表するオールゴールドのDAYDATE(写真:228238)

なぜロレックスは「トロイカ」を作らなかったのか?

現状では、時計界の王者はパテックフィリップとロレックスの2人である。 この二人の王の地位は、誰の目にも明らかである。 パテックフィリップとロレックスは、王者である理由が極めて一貫している。 パテックフィリップやロレックスのセール品の多くは、入手困難な高値で取引されている、今注目の時計です。 それでも、世界中のプレーヤーから求められ続け、パテックフィリップやロレックスはプライマリーマーケットに加え、オークションに代表されるセカンダリーマーケットを切り開いてきた。 オークション市場では、昔からパテック・フィリップとロレックスが拮抗しており、両者はオークションで世界記録を樹立し、自らの過去の記録を次々と塗り替えてきた。 これは、他のブランドでは太刀打ちできないことです。 ロレックスはパテックフィリップと「世界を共有する」立場にあり、世界一とまではいかないまでも、世界二位の座を獲得している。 しかし、これではロレックスは「伝統的な時計製造の三部作」の一員とは言えないと反対派は言う。

ロレックスを代表するスポーツウォッチ、サブマリーナ(写真:116610)

反対派によれば、ロレックスの最大の問題は、ロレックスの哲学が常に丈夫で耐久性のある時計を作ることであったということである。 ロレックスは、永久カレンダー、トゥールビヨン、ミニッツリピーター、スプリットセコンドなどの複雑時計は製造せず、3針時計とカレンダー時計の中で時計の精度と耐久性を高めていった。 ロレックスは「伝統的な高級時計」ではなく「道具時計」を作っていると、より直接的な表現で言う人もいる。 以前、「伝統的な高級時計の職人技を語るときに、ロレックスはまだ頑丈だと言い出すと、これらの時計は同じレベルにないことが明らかになる」という言葉が印象に残っています。 生産レベルでは、パテックフィリップなどの年間生産数が5万個程度であるのに対し、ロレックスは100万個(予想値)であり、ロレックスは伝統的な時計製造ではなく、工業レベルのマニュファクチュールであることを物語っている。 価格面では、ロレックスの時計は「手の届く」範囲にあるものもあり、トロイカのエントリープライスでロレックスを2~3本購入できる。 もうひとつの驚くべき理由は、ロレックスは世界中の誰も知らないブランドであり、時計のことを知らない人もロレックスを持っていることが多く、それが選手間のステータスに影響するため(変な理由)、ロレックスは「トロイカ」に入れないという説があることである。

ロレックス以外の候補も同様に議論を呼んでいる

ロレックス以外では、ブレゲ、ブランパン、ランゲ&ゾーネ、ジャガー・ルクルト、さらにはリシャール・ミルが、時計業界のトップ3の座を射止めるに十分な実力を持っていると支持されているが、反対派も意見を表明している。 そして、これらの景色をカテゴリー別にご紹介していきます。

ブレゲ7057

ブランパン 6654 フルカレンダー・ムーンフェイズウォッチ

まず、ブレゲとブランパン。 ブレゲとブランパンも同様に長い歴史を持ち、グランドコンプリケーションに精通し、パテックフィリップ、ヴァシュロン・コンスタンタン、オーデマ・ピゲと同格であり、トロイカの有力候補と言えるでしょう。 しかし、反対派に言わせると、彼らの問題は、ブランドの連続した、途切れることのない歴史がないことだそうだ。 歴史的な理由やブランドの買収などで、部分的に中断することはありました。 したがって、「伝統的な時計製造の三部作」の一員であることはできない。

ジャガー・ルクルト トゥールビヨン ダブルウィング

ジャガー・ルクルトも同様に声を大にして言います。 ジャガー・ルクルトには十分な歴史があり、ブランドにブレがなく、グランドコンプリケーションに精通しているため、スイスの時計製造において欠かすことのできないブランドである。 パテック・フィリップ、オーデマ・ピゲ、ヴァシュロン・コンスタンタンなどが、長らくジャガー・ルクルトの供給するムーブメントを使用してきたからである。 反対派は、ジャガー・ルクルトがその歴史と強さゆえに、長い間ムーブメントの供給者であったことに着目する。 スイスの高級時計製造の「エンジン」として、時計メーカーとしてのアイデンティティを欠くため、カットされることがない。

ランゲ1

ランゲ&ゾーネとリシャール・ミルは現在最も注目されているブランドで、特にランゲはトロイカ入りに最もふさわしいと言われています。 多くの人の目には、パテックフィリップと肩を並べる時計ブランドはランゲ&ゾーネしか映らないだろう。 中には、トロイカを3ブランドから4ブランドに拡大し、そこにランゲ&ゾーネを加えようという人もいた。 これに対する反論は、「ランゲ&ゾーネは完璧に見えるが、現代のランゲ&ゾーネは1990年代から復活した新興ブランドであり、リシャール・ミルは21世紀以降に設立された新しいブランドである」というものだ。 だから、トップ3にランクインすることはできない。

リヒャルト・ミラーM56-02 トゥールビヨン サファイアケース

このように、この問題についてはコンセンサスが得られていないのが現状です。 それはあなた次第です。

正直なところ、私は時計製造におけるトップ3のブランドについて、答えを出すことができませんでした。 強いて言えば、パテックフィリップとロレックスの2つしか選べません。 また、私自身もこの基準で買い、実行しています。 第3のブランドを誰にするかということについては、結論は出ていません。 パテックフィリップとロレックスを選ぶ理由は、一次市場と二次市場におけるパテックフィリップとロレックスの実績が、人に完全な自信を与えるからである。 でも、人によって立場が違うと、パテックフィリップやロレックスも追い出されてしまうかもしれないので、自分で解決できないのは本当に申し訳ないので、選手の皆さんに投げかけるしかないんです。

スタイリッシュで信頼できる。 シトロエンDSアクションダイバーオートマチック。

スタイリッシュで信頼できる。 シトロエンDSアクションダイバーオートマチック。

ダイビングでも普段使いでも、信頼できて雰囲気のある時計は、さまざまな機能を備え、身につける人に華やかさを与えてくれる必須アイテムです。 これは、その時計が買うに値するかどうかを判断する上で、最も重要な基準の一つであると私は考えています。 スイスの高級時計ブランドであるシトロエンは、常に時計の信頼性を追求し、優れた逸品を数多く生み出してきました。 バーゼルワールド2017では、今回も(DS)ダブルセーフテクノロジーを採用した数々の優れたタイムピースが発表されましたが、その中でも今回ご紹介する「シトロエン DSActionDiver ダイナミックシリーズ オートマティックダイバー」は、その中でも特に優れたタイムピースと言えます。

ロングパワーとDSダブル保険が出会うとき

時計の全体像

1957年、シトロエンは信頼性と耐久性に優れたDSダブルセーフシステムを発表しました。このシステムの主要部品は、高耐性のサファイアクリスタル、レバー上のOリングガスケットとリューズ上の2つのOリングガスケットからなる複雑なシーリングシステム、そして強化されて固定されたケースバックという極めて頑丈な構造になっています。 洗練された構造が、シトロエン・ウォッチに確かな時計としての保護を与えているのです。 シトロエンは長年にわたり、(DS)ダブルセーフテクノロジーのコンセプトを常に再確認し、ダイビングウォッチの厳しい規格であるISO6425を常に遵守しています。 新しいキネティック・コレクションは、この高く認められた国際基準をさらに上回る300m防水と、非常に革新的なパワーマティックTM 80ロングパワー・ムーブメントを搭載し、水中と水上の両方で優れた計時精度を保証します。

細部にまでこだわった適切なレベル

時計ケースとベゼルの展示

ブラッシュドスチール製の43mmケースは、ブランドらしいエアリーでハードな質感を表現しています。 ブラックアルミニウム製の逆回転防止ベゼルは、ポリッシュ仕上げの外縁と魅力的なフルカラーが特徴で、滑らかで手になじみ、歯切れよく握りやすい表面は、ブランドのこだわりを感じさせ、海岸の力強さを感じさせます。

時計の文字盤表示

伝統的なダイバーズウォッチスタイルのブラックダイヤルには、独特の立体的なアワーマーカーのデザインが施され、美しさだけでなく、読みやすさも兼ね備えています。 赤い秒針と文字盤裏側の赤い英字が、このユニークなダイバーズウォッチの仕上げを担っています。

防水機能付きリューズディスプレイ

保護用のねじ込み式リューズの上部には、「DS」(ダブルセーフテクノロジー)のイニシャルが刻まれています。 サイドから見ると、ポリッシュ仕上げのリューズがベゼルエッジの完璧なメタリックカラーと呼応しており、見る者を魅了する特別な時計となっています。 また、滑りにくいテクスチャーにより、手に持ったときの感触が非常に良く、時計の調整を容易にします。

タートルバックディスプレイ

スクリューロック式のケースバックには、信頼性と気品の象徴であるセルティナの伝統的な亀の紋章があしらわれています。 パワーリザーブ80時間の自動巻きムーブメント「パワーマチックTM 80」は、長時間の使用を保証するものです。

腕時計のスチール製ブレスレットを示す

ブラッシュド・スチール製の3列ブレスレットは、ダブル・プッシュボタン・フォールディング・クラスプとダイバーズウォッチ用のプロフェッショナル・エクステンションを備えています。 最新の人間工学に基づき、さまざまな手首の幅に合わせた快適なフィット感を保証します。

結論:今年のシトロエンは、カメをテーマにしたこの信頼性とスタイリッシュなシトロエンDSActionDiver自動ダイビングウォッチで、ダイビングウォッチの伝統的なデザインに忠実で、ブランドが誇るDSダブルセーフシステムを取り入れ、この時計は保証付きのパフォーマンスです。 さらに、80時間の長持ちパワーはこの新しい時計のハイライトの一つで、時計好きは彼が好きです。 この時計が気に入ったら、検討してみてはいかがでしょうか。

ウブロ、BIGBANGのレース用コレクションを発表

ウブロ、BIGBANGのレース用コレクションを発表

ウブロは、そのユニークなデザインで市場に参入しました。 ウブロの時計の多くは、ケースにマルチピース構造を採用しており、非常に重厚な金属感があります。 HUBLOT BIGBANGコレクションは、フュージョンのコンセプトを最大限に解釈したものです。 すべての人に評価され、国際的な賞をいくつも受賞し、トップスポーツコレクションとして認知されています。

ウブロ ジーンズコレクション 301.SL.2770.NR.
ケース径:44mm
ムーブメント:オートマチックメカニカル
ケース素材:スチール
ウォッチコメント:ウブロは、高級時計の分野で初めて、アメリカ人のアイデンティティを象徴する重要なファブリックであるデニムを時計に取り入れました。44mmのケースと無反射コーティングのサファイアクリスタルが、時計の美しさと品質を保証します。 特殊な加工により、デニム製の青い文字盤の部分は、時間や日光にさらされても色あせないようになっています。 ムーブメントHUB4100を搭載し、最大42時間のパワーリザーブを備えています。 スポーティなカウボーイをイメージしたこの時計は、現代の時計製造にワイルドウェストのテイストを与えています。

ウブロ POP ART 341.VL.4789.LR.1207.POP15
ケース径:41mm
ムーブメント:オートマチックメカニカル
ケース素材:ステンレススチール
時計コメント:明るく大胆なデザインが際立つ時計です。 まさに時計と現代美術の融合。 目立つ41mmのオレンジ色の文字盤には、ベゼルにさりげなくブルークリスタルがセットされています。 このタイムピースは、シャーシから2つの異なる色を形成し、日付枠は完全にトーンと一体化している、実にユニークなものです。 レザーストラップには鮮やかでカラフルなラバーを使用し、クロコダイルレザーを加えることで、柔軟性と耐久性を高めています。 時計の精度は、ウブロのHUB4300ムーブメントによって確保されています。 この時計は、ウブロ ビッグバン コレクションの中でも、まさに「ハイライト」と言えるでしょう。

ウブロ UNICO 411.HX.1170.RX
ケース径:45mm
ムーブメント:オートマチックメカニカル
ケース素材:セラミック
コメント:ダークグレーとブラックの文字盤が一目でわかる個性的なデザイン。直径45mmでエアリーな雰囲気。 ラバーストラップにブラックとホワイトのストラクチャードライニングを施し、スポーツ時だけでなく日常生活においても、簡単で快適な装着感を実現しました。 このウブロ ビッグバン コレクションのハイライトは、4年以上の開発期間を経て、ウブロの時計工房で集中的に研究開発された「HUB1242 ウニコ」ムーブメントです。 330個の部品を手作業で組み立てるこの優れたムーブメントは、フライバッククロノグラフ、デュアルタイム機能、ダブルレトログラードクロノグラフなどの追加機能やモジュールを組み込むことができるユニークな構造になっています。 精度と安定性の真の保証。

要約すると、オリンピック100m走のチャンピオンであるウサイン・ボルトがウブロの世界的な顔になったという事実は、ウブロがスポーツを重要視していることを表しています。 ウブロの代表的なコレクションである「ビッグ・バン」は、正確なタイミングと耐久性、安定したムーブメントがスポーツウォッチファンを魅了する、ウブロのベストセラーコレクションです。

https://dimangusev1.amamin.jp/
https://titova2023.amamin.jp/
https://magomedov1997.amamin.jp/
https://kolupayev777.ti-da.net/
https://zhdanov2023.ti-da.net/