クラシック設計を再現して、2019バーゼルは展宝齊のアカザの新型をスーパーコピー時計してとりまとめます

クラシック設計を再現して、2019バーゼルは展宝齊のアカザの新型をスーパーコピー時計してとりまとめます
今年のバーゼルが展を表す上に、宝の齊莱はその巧みで完璧な表を作成する技術と独特な美学の風格に頼っていて、また私達に同じではなく新しくモデルを表しをあげて、その他に去年ちょうど出したのはシリーズを伝承して、今年また2人の成員を加えて、新旧(の程度)の美学は時計のモデルの上でとけ合って、現代の風格で向こうへ行くクラシックを演繹します。
宝の齊莱はシリーズのカレンダーの両皿の時間単位の計算を伝承して時計を積み重ねます
去年の宝の齊莱130周年紀念を祝うため、シリーズを伝承するのを出して、自身の悠久の表を作成する伝統に向って敬意を表します。今年宝の齊莱はこのシリーズのためにまた佳作を増やして、2モデルのカレンダーの両皿の時間単位の計算を発表して時計を積み重ねて、1モデルは精密な鋼の型番が銀色の時計の文字盤によく合うので、その他に1モデルは精密な鋼のバラの金の型番がバラのシャンパーニュの金色の時計の文字盤によく合うので、それぞれ888制限します。宝の齊莱の表を作成する師は前世紀50年代にブランドの秘蔵する時間単位の計算が表しを霊感にして、その長い間がたつ常緑の融合の現代の審美の傾向を、このモデルを製造しだしてモデルを表します。時間単位の計算機能以外、この全く新しい腕時計はすべて12時に位置は大きいカレンダーのディスプレイウィンドウが設置されていて、4時にと5時に位置は週の表示ウィンドウを設けて、チップはCFB1972を採用して自動的に鎖のチップに行って、用意して貯蓄する42時間の動力があります。このモデルはシリーズのを伝承して新しく表してモデルの上で多くの輸入完成品バージョンの設計の元素が現れて、50年代のすばらしい風采と文才を時計のモデルの上で描写するのが詳しく徹底的です。
宝の齊莱柏拉維深く潜む腕時計のシリーズの“黒い悪魔の魚の特別なモデル”
宝の齊莱の“黒い悪魔の魚の特別なモデル”は文字通りで分かって、これが新しくモデルを表すのが黒い悪魔の魚のに行いを捧げるので、イギリスにすぐ捧げる慈善は“悪魔魚基金会”(MantaTrust)の作品を組織します。宝の齊莱と“悪魔魚基金会”はパートナーで、これは基金会の作ったのが特にモデルを表すため宝の整然としているアカザの第2モデルです。宝の齊莱は今回深く潜む腕時計のシリーズの上で軽量のチタン金属で作っていて殻を表しを試みて、殻を表して黒色類の炭素をあける上塗り処理を経て、装備は回転して表して自動的にひとつの列のヘリウムのバルブを閉じ込めるとあって、防水の深さは500mに達して、盤面の中央が飾って2本の悪魔の魚の図案があって、非常に格好が良くて、時計が背負ってまた(まだ)飾る精致で黒い悪魔の魚の図案があります。
宝の齊莱馬利竜は時間単位の計算に帰って時計を積み重ねるのを飛びます
今年出すこの復古の趣を高く備える時計のモデル、霊感は宝の齊莱の6で、70年代の腕時計のデザインからとって、人を魅惑して味わいがある格調を配りだします。モデルが復古する色と流行する細部を解け合っていっしょにいるのを表して、43ミリメートルの18Kバラの金は殻よく合い黒色の盤面を表して、時計の文字盤へりのスピードを測る小屋は中央の時間単位の計算の秒針とすべて赤色の色調を採用して、黒色は赤色の細部の組み合わせと考えを独特なものとして持ちます。サイドオープンのバラの金色の剣のスーパーコピー時計形のポインターと楔形が埋め込みして扮する時細部を表示してなどすべて当時の腕時計設計の美学の特色を体現していました。

コメントを残す