ノースフラッグ チューダースーパーコピー タカシマヤ ウオッチメゾンへ

新たに加わった「ノースフラッグ」。自社製の自動巻き芯「キャアリバーT 5621」(COSC認定タイマー)を搭載しています。9時位置電源保留表示。3点位置に日付が表示されます。ステンレスの箱、箱の直径の40〓、100 m防水。¥388,800(税込)

時計愛好家の間で知られている存在である「スケジューラ」は、2018年10月末の日本上陸を期待して完成しました。「ロレックス」を創立したハンス・ウイルスドッフがスタートしたファミリーブランドで、同社の技術と信頼性を兼ね備えたパイオニア的な腕時計作りです。独自のスタイルだけでなく、メカニカルコアも自社で開発しています。

このチューナーを最初に用意したのは高島海峡の東京日本橋です。1.2階の合計800平方メートルの売り場を持ち、80ブランドを超える3000本の圧倒的な商品を持つ新スポットとして、サイダーも加わった。登録後の人気も予想通り、商品の種類をさらに広げる計画です。

また、タカシマヤの腕時計は大阪でも3月1日から発売されます。ここは1100平方メートルの国内最大売り場面積を持つだけでなく、15のブランドがファッションスタイルで個別に展示する圧力空間を持っています。最新のインテリアを導入した売り場にはスケジューラが陳列されています。

そして、このタイミングに合わせて、「ノスフラッグ」が日本でデビューすることも大きな話題です。50年代北部グリーンランド探検隊がパイプ風を着たことで生まれたコレクションで、機能性と堅牢性、耐久性を実感させたシャープが澄んだデザインに魅力を磨かれています。

北旗は50年代の北部グリーンランド探検隊がタイヤを着用して作ったものです。これは革のサスペンダーのタイプです。¥378,000(税込)

チューダー腕時計「宝石広場」

コメントを残す